広島市で新聞大会

 date : 2017年10月17日

第70回新聞大会(新聞協会主催)が10月17日、広島市のグランドプリンスホテル広島で開かれ、協会加盟社幹部ら522人が参加した。
白石興二郎会長はあいさつで、「日本で新聞の信頼度が高く、フェイクニュースが広がりにくいのは、全国各地に戸別配達網が行き届いていることと無縁ではない。人の手で届けられる新聞は読者にとって安心で信頼できる媒体だ。販売部数の低迷に加え、販売所の労務難や折込広告の減少という極めて厳しい経営環境にあるが、戸別配達は何としても維持しなければならない」と話した。大会決議では「新聞は毅然とした姿勢を保ち、正確で公正な情報を提供しなければならない」とし、新聞に課せられた責務を胸に刻み、ジャーナリズムの公共的な使命を果たすことを誓った。
また、消費税の軽減税率について「税率引き上げ時に、確実に軽減税率が実施されるよう注視するとともに、一部売りや電子新聞にも適用されるよう求めていく」と述べた。さらに、「新聞の価値、公共的役割を理解してもらうためには、新聞が身近な存在であることを知ってもらう必要がある」として、無読対策に各社が一丸となって取り組んでいくと強調した。

地域貢献大賞 福島の9販売店に!!

 date : 2017年10月 4日

日本新聞協会は10月4日、新聞販売所の地域貢献活動を顕彰する「地域貢献大賞」を、東京電力福島第一原発事故の避難指示解除区域で新聞配達を再開した新聞販売店9店の「個別配達が帰還を後押しー震災原発事故を乗り越え業務再開」に贈ると発表した。また、「地域貢献特別賞」を三重県のASA尾鷲の吉田達所長の「漁船だより」に、「地域貢献賞」は22件の活動に授賞する。
今年の大賞に選ばれた「戸別配達が帰還を後押し」は、震災原発事故による避難指示が徐々に解除されてきたものの、帰還住民が1割にも満たない地域もある中、「新聞販売を通じて復興を後押ししたい」との思いから戸別配達を再開した活動。特異な状況下で日本が誇る新聞の宅配制度を維持しようとし、地域再生に貢献していることが高く評価された。

折込広告業協会 2017年上半期全国折込出稿量を発表

 date : 2017年9月 8日

日本新聞折込広告業協会(J-NOA)は、このほど2017年1-6月の「全国折込広告出稿統計データ」をまとめた。
今年上半期の一世帯平均折込枚数は、前年比5.6%減の2,575.1枚で、北海道、沖縄以外の地区では1.4%(東海・甲信越)から9%(近畿)の減少となった。

新聞協会 新聞週間の代表標語を決定

 date : 2017年9月 6日

日本新聞協会は9月6日、10月15日から始まる第70回新聞週間の代表標語1編と佳作10編を決めた。代表標語には、『新聞で見分けるフェイク知るファクト』(神奈川県横浜市・田村美穂氏)が選ばれた。

日本新聞販売協会 第66回通常総会を開催

 date : 2017年7月28日

公益社団法人日本新聞販売協会は7月28日、東京・一ツ橋の如水会館で第66回通常総会を開催。
苦情減少に向けた取り組みの推進、すべての教室へ新聞を運動の拡大、折込減少への対策などの活動方針を確認した。
来賓として、増井一実新聞協会販売委員長、在京各社販売局幹部、自民党新聞販売懇話会から丹羽雄哉懇話会会長、高市早苗衆議員議員、山本一太参議院議員、中川雅治参議院議員、柴山昌彦衆議院議員、北村経夫参議院議員、関係省庁から経済産業省商務情報政策局コンテンツ産業課の矢野泰夫課長補佐、厚生労働省労働基準局安全衛生部の井上仁安全課長が出席した。